APISの主な活動内容

これまでの月例会 (2004年4月~2015年3月まで)

台湾問題

  1. 李 登輝氏(台湾元総統) 毎年、修学院(NPO法人)とともに研修講座で御高話を拝聴。
  2. 許 世楷氏(台北駐日経済文化代表處 代表) 「台湾の進路」
  3. 栗山尚一氏(アジア調査会会長・元駐米大使) 「台湾問題についての日本の立場」
  4. 詹徳薫氏(中華連合総会会長) 「華僑の直面する現状と課題」
  5. 杉田水脈氏(前衆議院議員・次世代の党) 「日本と周辺諸国」

中国問題

  1. 石平氏(日中問題評論家) 「中国の政治・経済・社会の現状と課題」
  2. ペマ・ギャルポ氏(桐蔭横浜大学教授) 「チベット問題と中国の関係」
  3. 宮崎正弘氏(評論家) 「ウィキリークスでここまで分かった中東大混乱と中国」

韓国問題

  1. 鄭大均氏(首都大学東京教授) 「韓国新政権と日韓関係の行方」
  2. 呉善花氏(拓殖大学教授) 「日本再発見・脱亜超欧」
  3. 池東旭氏(韓国問題評論家) 「韓国・朝鮮の現状と課題」

アメリカ問題

  1. Mr. Richard P. Cronin (米合衆国議会調査局、ジョージタウン大学副学部長) 「アメリカのアジア戦略」
  2. 滝田賢治氏(中央大学法学部教授) 「アメリカの対日、対アジア政策」

日本問題

  1. 小田村四郎氏(拓殖大学元総長・本会前会長) 「靖國神社問題を考える」
  2. Mr.J.C.Abegglen(ボストン・コンサルティング・グループ日本支社元代表) 「アジアの中の日本の役割」
  3. 胡暁子氏(タイガーバーム・副社長) 「外から見た日本」
  4. 稲村公望氏(前郵政省事務次官) 「郵政民営化論争の真実」
  5. 大武健次郎氏(商工中金理事長・元国税庁長官) 「社会経済構造の変化と税制改革」

国際問題

  1. 新美春之氏(昭和シェル㈱会長) 「石油産業と世界」
  2. 西郷正道氏(農林水産省大臣官房環境バイオマス課長) 「農林水産業と国際環境交渉」

国際会議・シンポジウムなど

2000年04月

蔡焜燦氏と金美齢氏をお招きして、「アジア太平洋交流学会」として設立大会。

2000年09月

特別交流会「国際組織犯罪対策と両国の協力体制」を開催。

出席者は、神奈川県警察本部から佐藤誠昭氏(外事課長補佐)、松永安則氏(外事課係長)、横田和道氏(外事課係長)、台湾高雄市政府警察から林波氏(外事科科長)、林進凱氏(刑警大隊副大隊長)。

2002年07月

欧亜教育基金会と特別交流会

「新しい日台関係構築に向けて」を開催。
参加者は、 葉国興氏(新聞局長)、呉伯雄氏(国民党副主席)、曾永賢氏(国策顧問)、朱文清氏(新聞局)、蔡焜燦氏、(偉詮電子公司董事長)、王月鏡氏(元台北市民政局長)など。

2003年11月

国際教育シンポジウム

「日台科学教育の今後 -科学技術の未来を担う人材育成-」を開催。

基調講演は、江崎玲於奈氏(芝浦工業大学学長 )。

パネルディスカッションは、野原 明氏(元NHK論説委員)の司会のもと、呉茂昆氏(中央研究院・物理研究所所長)、張俊彦氏(交通大学総長)、陳維昭氏(台湾大学総長)、萬其超氏(清華大学教授)、小林俊一氏(理化学研究所顧問)、伊賀賢一氏(日本学術振興会理事)、新井賢一氏(東京大学教授)、相澤益男氏(東京工業大学学長)、久保田信之(当会代表理事)。

2004年05月

学会設立5周年記念講演として、深田裕介氏(作家)と「アジア昨今・今日」と題した講演を開催。

2005年11月

「アジア太平洋未来フォーラム アジア的価値を求めて」を開催。

講演者は、李登輝氏(台湾元総統)、薛端元氏(衛生署医事処処長)、王良原氏(東海大学助理教授)、李永熾氏(国家人権記念館準備小委員会)、鄭欽仁氏(台湾大学名誉教授)、橳島次郎氏(科学技術文明研究所主任研究員)、福島伸享氏(民主党茨城1区総支部長)、黄昭堂氏(台湾独立建国聯盟主席)、 張錫模氏(中山大学助教授)、顧忠華氏(政治大学教授)、 堀義人氏(グローバル・グループ代表)、田村耕太郎氏(自由民主党参議院議員)、張炎憲氏(国史館館長)、蕭新煌氏(中央研究院研究員)、李敏勇氏(現代学術研究基金会董事長)、塚原正彦氏(常磐大学助教授)、浅野大介氏(経済産業省)、黄昆輝氏(群策会副董事長)、羅福全氏(亜東関係協会会長)、久保田信之(本会代表理事)。

このほか同年は、東京大学の大学祭にて日本学プロジェクト「日本の外交戦略 本音で語る反日と親日」を企画。

講演者は、黄文雄氏(拓殖大学客員教授)、呉善花氏(拓殖大学教授)、石平氏(日中問題評論家)、久保田信之(本会代表理事)。

 

学習院女子大学でシンポジウム「あなたにとって国家とは 国の安全は誰が守るのか」を開催。

講演者は、水島総氏(チャンネル桜社長)、石破茂氏(衆議院議員)、松島悠佐氏(元陸上自衛隊中部方面総監)、古庄幸一氏(元海上幕僚長)、佐藤守氏(元航空自衛隊空将)、森満氏(元陸将補)、川村純彦氏(元海上自衛隊海将補)、松井健氏(元航空自衛隊空将補)、久保田信之(本会代表理事)。

2006年09月

「アジア太平洋未来フォーラム グローバル化の中の日台関係」を開催。

講演者は、黄昭堂氏(台湾団結聯盟元主席)、櫻井よし子氏(評論家)、萩生田光一氏(衆議院議員)、山崎養世氏(シンクタンク山崎養世事務所代表)、田村謙治氏(衆議院議員)、玉沢徳一郎氏(衆議院議員)、石破茂氏(衆議院議員)、水野賢一氏(衆議院議員)、長島昭久氏(衆議院議員)、蔡明憲氏(中華民国・台湾 国家安全会議副秘書長)他。

2010年02月

学会設立10周年を記念。

シンポジウム『日本文化から探る日本の再生』を開催。

講演者は、黄文雄氏(拓殖大学客員教授)、呉善花氏(拓殖大学教授)、久保田信之(本会会長)。

2011年09月

辛亥革命100周年記念シンポジウム

『革命の実像と今日的意味』を台北駐日経済文化代表處の後援を得て開催。講演者は、加瀬英明氏(外交評論家)、頭山興助氏(農村資源開発協会理事長)、石平氏(日中問題評論家)。

2014年10月

学会設立15周年を記念シンポジウム『アジアの未来を開く日台関係』を開催。

講演者は、徐瑞湖氏(台北駐日経済文化代表処副代表)、小田村四郎氏(拓殖大学元総長、本会前会長)、湯浅貞氏(靖國神社元宮司)、頭山興助氏(農村資源開発協会理事長 )、倉田信靖氏(東京国際大学総長)、高橋史郎氏(明星大学教授)、本橋弘隆氏(豊島区区議会議長)、神谷宗幣氏(龍馬プロジェクト全国会会長)、小坪慎也氏(行橋市市議会議員)など。

※ 講演者、シンポジウム参加者等の所属、肩書きは開催当時のものであり、現在とは異なっている場合があります。