李登輝元総統への哀悼メッセージ

 2020年7月30日、李登輝元総統が永眠されたという訃報に接し、アジア太平洋交流学会は、会員一同、深い悲しみに暮れております。

 李総統は、20世紀最後に登場した最高の政治家と言っても過言ではありません。

 第1に、李総統が台湾を「民主化」させた功績は非常に大きいのではないでしょうか。「民主化」した台湾の存在が東アジアを安定させた側面があります。

 第2に、海峡両岸関係は未だに緊張の連続です。この状況下で、李総統は難しい中台関係の舵取りをされました。その手腕は大いに評価できるのではないでしょうか。

 第3に、李総統は日台関係を深化させました。現在、日台関係が良好なのは、李総統のお陰ではないでしょうか。

 以上のように、李総統は、台湾を明るい未来のある国家へと導かれました。アジア太平洋交流学会は、会員一同、この事をしっかりと胸に刻みたいと考えております。

 謹んで李総統のご逝去を悼み、安らかに永遠の眠りにつかれる事をお祈り申し上げます。

アジア太平洋交流学会
名誉会長 久保田 信之
会長  澁谷  司 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です